ニセコひらふBIDとは?

ニセコひらふCID/BIDは、ひらふに必要なコミュニティとビジネスを支えるための事業資金を、不動産所得者から公平に集めます。

●コミュニティ分担金(CID)・・・すべての不動産(建物・土地)所有者が負担

●ビジネス分担金(BID)・・・・すべての商業用不動産(建物)所有者が負担

ニセコひらふCID/BIDは、ひらふに必要なコミュニティとビジネスを支えるための事業資金を、不動産所得者から公平に集めます。ひらふで集めらた分担金は、すべてひらふの様々な事業に使われます。

ニセコひらふコミュニティは、さまざまなリゾートビジネスが盛んな地域です。通常の行政サービスだけでは地域のニーズを満たすことはできないので、国の地方自治法に定められた「受益者分担金制度」によるCID/BIDを導入し、地域の事業者や住民の負担により、「訪れてみたい、」住んでみたい」地域づくりを進めます。そのために、ニセコひらふCID/BIDは、ひらふに必要なコミュニティとビジネスを支えるための事業資金を、不動産所得者から公平に集めます。ひらふで集めらた分担金は、すべてひらふの様々な事業に使われます。

CID/BIDは、定められた期間(5年間)、決められた予算の範囲内で事業を行います。期間が終了する年に、さらにCID/BIDを継続するかどうかを含め、次の期間で行う事業と予算について、会員の投票によって決めます。

※詳細は検討中