なぜCID/BIDが必要なのか?

住まいとして住んでいるまたは土地を
持っている場合と、ビジネスしている場合では、
大きく違いがあります。

でも、地域を良くして行くという最大の目的は、同じです。そこでコミュニティ分担金(CID)とビジネス分担金(BID)の2種類を組み合わせます。その費用で地域のコミュニティーを守り、環境維持活動やビジネス環境の改善に取組みます。

ひらふ地域の住民は、建物所有者の16%。その16%の住民と事業者で地域の街路防犯灯やゴミの管理、環境美化活動などの維持費用を負担し、ボランティア活動をして、地域を支えてきましたが.最早、追いつかない状況となってしまいました。ひらふを良くして行くためには、ひらふ全不動産所有者の協力が必要です。