第34回ニセコひらふエリアマネジメント検討委員会/【会議録】

Author: kohei

日 時:2015年3月30日(月) 14:00〜

場 所:サンスポーツランドくっちゃん

参加者:田中(良)、渡辺、二川原、広川、岡田、赤前

    委任状:石川、阪井、釜江、早川・・・・・・・・・以上、定足数9名を超えて、成立

    アドバイザー:文字、植田(役場)

    事務局:山本、梅田



【報告事項】

 1.役場から、徴収制度の検討状況について報告

  1)受益者分担金制度に関する倶知安町の精査作業の経過と結果

  2)新年度における、役場のエリマネ支援新体制と徴収体制の検討方針


  • 文字課長から説明:
  • 法務相談として分担金適用対象候補三事業について打診したが、受益範囲等が不明確等の点から分担金制度適用は困難であるので、自治体自らが結論を出すべき、との指摘を受け、福島前町長は分担金制度の導入を断念した。役場としては、この判断に依拠しているが、西江新町長がどのように判断するのか、今後のことである。
  • 役場担当としては、今後、地元においてはエリマネ実施の法人等受け皿づくりを勧めて頂くことと、役場における徴収制度検討を急ぐことを並行して進めるべき重要案件と捉えている。特に、役場が担当すべきことが大幅に遅れているので、推進するための体制固めを勧めているところだ。
  • 4月以降における役場としての体制固めについては、①役場の機構改革により総合政策課を設けその中にエリマネ担当をおいたこと(植田係長)、②検討委員会への支援として、窓口機能の強化に向けてサンスポ内に役場職員を常駐派遣することにした(芳田主事)


【検討事項】

 1 エリマネ法人化に向けた規約等の検討

  • 4月以降の検討課題とした


 2 エリマネ事業案の見直しについて

  • 4月以降の検討課題とした



 3 今後の取組み方針・・・次回以降の検討委員会で

  1. 瓦版の発行体制

・従来の広報小委員会の枠組みとして継続する上で、再編すべき課題は、次のとおり

  〜編集会議を招集し運営すること

  〜編集企画を提案し、検討して決めること

  〜必要な原稿を用意する.特に、文章執筆を、数名で分担する

  〜レイアウト(中村あこめさん)と印刷(役場総合政策)は従来どおりでお願いする

4月早々に一度何人かで分担してやってみることにした・・・VOTEにより決定


  1. WEBの管理更新体制

・WEB 交信作業自体はこれまでと同様で対応可能(二川原さんほか)

・検討委員会の概要変更に伴うWEBのコンテンツの修正については、一定程度データを作

 成してあるが、今後の法人化等も含めたコンテンツの変更について、新年度に改めて手

 を入れる

・サイトマップ等サイトの構成を変更する必要がある場合には、43NORTHに依頼するか、

 自力で行うかだが、当面、後者で進めてみる。その為の、データや管理D等の移管を進

 める〜キースさんに確認1

・管理費等について確認


   ③ 住民と状況認識を共有するためのコミュニケーション

  〜西江町長と地域の意見交換会

  〜住民説明会・意見交換会

・新年度に改めて検討する


  ●次回検討委員会開催:4月の町議会議員選挙後に、改めて日程調整して行う

← 第32回ニセコひらふエリアマネジメント検討委員会/【会議録】